徒歩で行けるような近場の風俗を探す場合においても、体験談は役に立つといわれています。

話は聞いても同情はするな

投稿日:2017年2月1日

デリヘルなどは一旦フィニッシュに入り時間が余っていると、ベットに横になったりして一緒にお話をする機会があります。特にロングコースの人の場合はそうですね。その時に、こちらからプライベートのことを聞くのはダメですが、中には自分からプライベートの話をしてくる女の子もいます。「私の家は、貧乏で、頑張らないといけないんです」や「借金があって、こういうところで働いているんです」など、男性にとって「守ってあげたくなる」ということばかり話してきます。もちろん、それを聞いてあげるのはいいですが、出来ることなら同情しないほうがいいですね。話を聞いた結果、お金のやり取りが発生したり、支援するような発言をしたりしたら大変です。どうしてそこまで警戒しているのかというと、俺の知り合いはその結果、ほとんどの財産を女の子に捧げてしまいました。しかし彼女の苦労話は作り話だったらしく、ただお金を貢いでおしまい……恐ろしいと思いませんか。その事実を知って以来、風俗で同情しすぎるのは危険だと思ったんですよね。

男性が注意しなければならないこと

デリヘルを使う時に男性が注意しなければならないことがあります。それはズバリ、「身だしなみ」です。頭がボサボサであったり、服装がだらしなかったりする場合がありますが、そういう男性はぶっちゃけ損をしています!!確かにこちらがお金を払うのだから、特に問題ないだろうという意見も最もです。しかし、こちらだってテキトーな格好の女の子と遊ぶより、キレイな格好の子が良いじゃないですか。それと同じように、風俗とはいえ人間ですから、彼女たちも身だしなみを気にしてしまうのです。そしてそれが、プレイ内容に反映されてしまうのですよ……!!俺も昔、テキトーな寝間着姿で遊んでいた時期がありますが、ある日ちゃんとした格好で遊んでみると、全然サービス内容が違って驚いたんです。それは彼女たちの表情からも感じ取ることができました。特別なことはしなくていいんです。ただちょっと気を使うだけで変わることばかりですから、ぜひデリヘルを使う時に意識してみてください。